BB戦士「曹丕ガンダム」製作記

初めての三国伝キットになるBB戦士「曹丕ガンダム」を製作。
最新のBB戦士なので、プロポーションや専用のPキャップによって可動も素晴らしいです。
改造方向は可動箇所を追加させつつプロポーションも弄り、
「機武帝曹操ガンダム」のセットキットを使うことで、隙の無い曹丕を目指しています。


【頭部】
フェイスを切り離した後、形を整え複製。頭部には接続に使うPキャップを埋め込み。
兜は合わせ目が消しづらい部分をプラ板で作り直し、耳先端をパテでシャープ化。
ツノは額部を台形状に修正し、ツノ先端のシャープ化と肉抜き穴をパテ埋め。
曹操ガンダムのツノは先端のシャープ化と、接続したとき目つきが悪くなるよう接続部内を削り込み。


【胴体・腕部】
胴体アーマーはキット2個分を使い、接続穴を埋めた胴体アーマーを用意。鳥状のパーツはパテで形状修正。
腕部は二の腕部から上腕を削り取り、中に関節技フレキシブルパイプ(小)を仕込んだ後、パテで形状修正。
上腕は5mmプラ角棒に3mmプラ棒と関節技フレキシブルパイプ(小)を取り付けたものを自作。
肩は基部になるパーツの接続ピンを削り取り、側面に3mmの穴を開け、肩アーマー内部に関節技を仕込み接続。
肩アーマーの一部を切り離し、パテで形を整えた後、接続穴を開口(キット2個分を使い、シールド接続ピンの有無パーツを用意)
手首は握り手と平手をスクラッチ。


【腰・脚部】
腰部は股間、フロントスカート、リアスカートにパーツ分割し、
股間部、コトブキヤ「T字ジョイント」、Pキャップを付けた基部をプラ材でスクラッチして、フロントスカートは真鍮線、リアスカートはプラ棒を使い接続。
スカートのサイドをパテで延長。
脚部は太もも関節にコトブキヤ「ダブルジョイント(L)」を使い、コトブキヤ「丸モールド」とプラ板を組み合わせたカバーと、
太ももは3mm穴を開けた5mmプラ角棒を通し、すね側にPキャップを仕込み接続。

【バックパック】
バックパックの肉抜き穴をパテ埋め。羽先端をシャープ化。


【武装類】
黒翼刀は肉抜き穴をパテ埋めと、エッジをシャープ化。
威天剣と星凰剣は刃と持ち手を切り離し、中央部を2個イチにして前後同じディテールに改造。
持ち手には真鍮線、クリアーパーツは1個ずつ切り離し後ハメ加工。



素組み写真(おまけ)

【塗装】
白:スーパーシェルホワイト
青:スーパーファインコバルト+ウルトラブルー+ブルー23

黒:スーパーディープブルー
金:ベースグレー→
緑:ルマングリーン+ビリジアングリーン

inserted by FC2 system