コトブキヤ「ノンスケールキット ブラックサレナ」製作記

コトブキヤ「ブラックサレナ」をデザイン画を参考にアウトラインを修正し、
バーニアを差し替えにすることで、まとまりのあるプロポーションに改修しました。
エステバリス本体は可動部を増やし、小規模な改造に留めています。



【胴体・腰部】
胸先端をパテで修正。
エステバリス胴体と胸アーマーの間に隙間があるので、アーマー側をプラ板で3mm延長。
胴体が仰け反らないよう、股間アーマー後部にパテ、プラ板を貼り足し。
ダクト内にモールド入りプラ板を塗装後に貼り付け。
尻尾先端から伸びるアームは真鍮線と市販パーツを組み合わせたパーツを差し替えで再現。


【腕部】
ハンドカノンは合わせ目で1.2mm幅増しし、上下をパテでボリュームアップ。
脇がスカスカなので、パテで作ったパーツを取り付け。
肩アーマーのバーニアが丸見えなので、可動アームを4mm切り詰めし、
アーマーを展開するときのみバーニアを取り付ける方式に変更。



【脚部】
膝、つま先をパテで修正。
太もものアーマー内側をプラ板で塞ぎ、肩アーマー同様、展開するときのみバーニアを取り付ける方式に変更。
つま先のスラスター内にモールド入りプラ板を塗装後に貼り付け。
足裏のバーニアは市販パーツやプラ板等を使いディテールアップ。




ブラックサレナ素組み写真()



【エステバリス】
肩の付け根にSEEDコレクションシリーズのPキャップと間接技を埋め込み二重間接化。
胴体と腰部の接続部も間接技を埋め込み。
胴体のダクト内にモールド入りプラ板を貼り付け。
つま先を1.2mm幅増し。




エステバリス素組写真()

【塗装(F=フィニッシャーズ 無記名=クレオス)】
240番→サフ→400番→600番→1000番→サフの工程の後、
ピンク:ファンデーションホワイト(F)+シャインレッド
エステバリス黒部:スーパーディープブルー(F)
エステバリスグレー部:ファンデーショングレー(F)+スーパーディープブルー(F)+ファンデーションホワイト(F)
ブラックサレナ黒部:ピュアブラック(F)
ブラックサレナグレー部:ベースグレー
赤:ファンデーションホワイト(F)→モンザレッド
バーニア:ピュアブラック(F)→スーパーファインシルバー
台座:ピュアブラック(F)→クリアー+ホワイトパール→コンパウンド(タミヤ)→モデリングワックス

【墨入れ】
ピンク・赤部:レッドブラウン
グレー部:ブラック

【仕上げ】
エステバリス本体はスーパーフラットコート(F)、
ブラックサレナ装甲はスーパーフラットコート(F)+光沢調整剤を吹き、目にラピーテープを貼り完成です。

[2009年10月27日完成]

コトブキヤ「ブラックサレナ」ギャラリー

コトブキヤ「アキト用カスタムエステバリス」ギャラリー

inserted by FC2 system